info@grandnote.com
ABOUT
音楽を愛する人へ
演奏者との一体感を感じられる、リアルでダイレクトなサウンドを再現する。グランドノートが目指すサウンドとはこのようなものです。アーティストのすぐ横で一緒になって演奏、熱唱している。と錯覚してしまうような臨場感を重視した音作りを心がけております。システムの急速なデジタル化により、見せかけの定位やステージングばかり強調した音作りが目立ちます。このようなオーディオ的なプロセスで組まれたサウンドは綺麗で整ったサウンドを奏でますが、聴いていて楽しさを感じることが出来無いように思えます。
クルマという限られた空間だからこそ、ニアフィールドならではの迫力と臨場感に満ちたサウンドを楽しむべきではないか。。。
その気持ち良さを作り上げるうえで、情報量を減らさないという考えは必要不可欠。システムはもちろんのこと、パーツの素材選び、ハンドメイドパーツの取り付けまで、最良の結果を求めたインストレーションを行うことで、はじめて気持ちの良いサウンドを手に入れられるのです。そして、そのサウンドを作り上げるスタッフは、カーオーディオ黎明期に渡米、某国内メーカーのデモカー製作に携り、帰国後、インストーラーの講師をしていた実績を持つ代表の林と、自動車メーカーに勤務し、主に内装関係の設計に携わる部門に在席していた経緯を持つ、インストーラー・佐藤の二人が行っています。いささか手前みそで恐縮ですが、実績と技術力には相当な自信があります。音楽を愛し、カーオーディオとクルマを良く知る二人だからこそ、実現できるサウンドがグランドノートにあるのです。
クルマを愛する人へ
オーディオシステムをインストールするには、どのようなカタチであれ、必要最低限の加工が伴います。修理目的で、純正装着されたコンポーネントを入れ替えるという単純な作業でも、様々なパネル類や金具を取り外し、その取り外したパーツ類を元に戻すという作業が必要になります。インストレーションというと、ハンドメイドパーツやそのデザインに目を向けられますが、実はこの取り外しと組み付け作業そのものが、インストレーションを語る上で非常に重要なポイントだということは、あまり認知されていないようです。
最近のクルマは、コスト管理が徹底されていることもあり、パーツの固定にクリップを多用し、ネジやボルトでの装着が少なくなっています。これらのクリップには、メインテナンスの事を考えていない、壊れやすいものも存在します。ドアパネル一つとっても、左右で組み付けのテンションや微妙な位置のずれなどを考慮、クリップの状態を見て駄目なものは新品に交換するなど、細心の注意を払い組み込みを行わなければ、音質の面での影響はもちろんのこと、走行中の振動による不快音を発生させる原因になることがあります。
カーオーディオには、クルマの中で音楽を楽しむ、ドライブすることを楽しくさせる、という二つの役目があると考えます。どのようなオーディオシステムをインストールしても、バタバタ、ギシギシと不快音が出ていたら、音楽を楽しむなんて気持ちになれないはずです。お客さまと同じだけの愛情を持ってクルマに接し、作業を進めて行く事が大事なのです。グランドノートでは、屋外での保管や作業などは大型車両などの特別な車両を除いて一切行っておりません。大事な愛車を安心してお預けして頂ける環境を整えております。
10年品質
カーオーディオのインストールには、ハンドメイドのパーツが数多く必要となります。クルマという過酷な環境下において、これらのハンドメイドパーツは、音響的にも優れ、耐久性も良くなければなりません。素材はもちろんのこと、固定方法を考慮した形状で作製したハンドメイドパーツと、徹底した強度管理、防水、振動対策を施したインストレーションを行うことで長期間、良いサウンドを楽しむことが出来るのです。音を良くする手法は数多くありますが、耐久性を考えた場合に疑問を感じてしまうものも数多く存在します。グランドノートは、これらの問題を長年培ったノウハウを駆使、最良のバランスで両立させることにより、10年経っても変らないインストレーションクオリティを実現します。流行りモノをただ使うのではなくて、信頼性と音質の良いものを吟味し採用しています。
Copyright(C) Grand Note. All Rights Reserved.