2010年04月11日

スマート・クーペ

初期スマートは、FRPの内装、純正スピーカーのサイズ、設置位置の悪さなど、さまざまな条件が重なり、サウンド・システムの音質向上が困難なクルマのひとつ。当店では、専用バッフルを制作し、純正スピーカー位置を活かした上で車両側の加工は一切せずにフロントスピーカーを取付け、マルチチャンネルにすることで設置位置の条件の悪さを克服するシステムが、定番メニューです。

DSC00403.JPG
これが当店のスマート専用オリジナルバッフル。

DSC00412.JPG
トゥイーターはダッシュボード上に設置。ウーファー部も含め車両側は無加工です。

今回のスマート・クーペは定番メニューをベースに、お客様の強いご要望でリアスピーカーの追加とトランクへの大型サブウーファーの設置を行っています。

システムはすべてカロッツェリアで構成し、スピーカーは、フロントが10センチ・セパレート2ウェイ・カスタムフィットスピーカー=TS-C1010A、リアがサテライトスピーカーのTS-STX900、サブウーファーが薄型のアンプ内蔵タイプ、TS-WX77Aという組み合わせ。メインユニットはリアスピーカーがあるため、マルチチャンネル化するには6チャンネルアンプが必要。そのため6チャンネルアンプを付属しているDEH-P01を選んでいます。

リア&サブ.jpg
リア(サテライト)スピーカー(左)とサブウーファー(右)。ラゲッジスペースを極力削らないようにしています。

DEH-P01.jpg
メインユニットDEH-P01(左)に付属のコンパクトな6チャンネルパワーアンプはシート下に設置。

ベーシックプランならメインユニットDEH-P940+フロントスピーカーTS-J1010A+パワードサブウーファーTS-WX11Aの組み合わせで、オリジナル・バッフルボード+インストール費用込みで21万円から装着可能。サブウーファーはシート下に収まりますので、トランクスペースを犠牲にしないかたちで設置できます。純正システムの音に不満を感じている方は、ぜひお問い合わせください!