2014年06月08日

ジュークニスモ

【装着システム】
●ダイヤトーンNR-MZ60
●カロッツェリアTS-V172A

今回は新車オーデイオレスのジュークニスモにナビとスピーカーのセッティングのご依頼です。

ご予算と仕上がりのバランスを考えてナビはNR-MZ60を選択です。
DSC02249 550.JPG

スピーカーはフロントへTS-V172Aをバイアンプ接続することに。
ドアはプレミアムインナーバッフルとスタンダードチューニングでセッティングです。
DSC02243 550.JPG
DSC02248 550.JPG

ツイーターはお客様のご要望でピラー加工です。内装のイメージに合わせアルカンターラで仕上げました。
DSC02254 550.JPG

2013年12月05日

SUPREMO602

日産マーチ
【装着システム】
●カロッツェリアDEH-P01
●モレルSUPREMO602
●カロッツェリアPRS-D700
●カロッツェリアTS-W252PRS
●ケーブルパーツ ミュージックスピリット

こちらのお車は、当初お客様ご自身でメインユニットとフロントスピーカーの装着をされていましたが、途中から当店にご依頼いただくようになり、ドアチューニング、サブウーファー追加と順番にシステムアップしていただいておりました。
今回のご依頼は、フロントスピーカーとバッフルボードのグレードアップです。
当初は10~20万円ぐらいの価格帯のスピーカーでプレミアムインナーバッフルの製作を想定しておりましたが、最終的にお客様が選んだのがSUPREMO602ということで、ドアのセッティングもインナーからアウターバッフルへ変更になりました。

DSC02116.JPG
DSC02119.JPG

ツイーターのセッティングはピラーでも対応できたのですが、自作時にダッシュに穴をあけて取り付けていましたので、同じ位置にオリジナルのベースを作ってセッティングしてみました。
DSC02106.JPG
DSC02107.JPG
DSC02122.JPG

今回はご予算の関係で、P-01の付属アンプで鳴らしているので若干仕上がりが心配だったのですが、サブウーファーのおかげもあって、アンプの非力感もあまり感じず、うまくまとまりました。

つづく・・・

2013年02月02日

R34 GT-R

【装着アイテム】
●ダイヤトーンNR-MZ60PRE
●ダイヤトーンDS-G50

久しぶりのR34GT-Rです。
始めてご来店いただいたお客様ですが、はじめからNR-MZ60PREとDS-G50のセッティングをご希望されており、このシステムをきちんとセッティングできるお店と言うことで当店を選んでいただきました。

ナビ本体は純正位置へ。
ナビ本体の取付けに特に加工等は必要ありませんが、音質優先のご依頼ですので、電源の増設等も当然対応しています。

DSC01615.JPG


ドアには当店定番のプレミアムインナーバッフルにスタンダードチューニングです。

DSC01609.JPG

DSC01610.JPG
 
組みあがると純正状態です。

DSC01621.JPG

ツイーターはAピラー成形加工でセッティングです。

DSC01612.JPG

NR-MZ60PREの場合内蔵ネットワークでマルチ設定も可能ですが、DS-G50の魅力を落とさないようにスピーカー付属のパッシブネットワークを使ったバイアンプ設定でシステム調整をして完成です。

【参考取付セッティング費用】
\270,000-(商品パーツ代別)

2009年04月20日

R32 GT-R

GT-Rといっても、ツーペダルの方ではなくて、魂こもってる方。歴代のGT-Rのなかでも最もスパルタンなイメージを持つ(勝手ながら)R32と呼ばれるGT-Rがオーナーさんと共にご来店。すでにお手持ちのコンポーネントを他店で購入&インストールされていましたが、ご希望のサウンドを手に入れる事が出来なかったようで、当店にて、一からインストレーションする事になりました。

インストレーションにおいて、室内は純正のままで行いたいというオーナーさんのご要望もあり、フロントステージは見た目とは裏腹に、高度なテクニックを要求されるインストレーションになりました。そのフロントスピーカーはボストンアコースティックスのSPZ60。16cm口径の2ウェイスピーカーで、セパレートと同軸の2タイプで使用できるユニット。上記理由より、今回はトゥイーターを軸上にレイアウトする同軸マウントでドア純正位置へセットする事に。あまり条件の良くないドアパネルの形状ですが、限られたスペース内で最大限の効果を発揮するインナーバッフルと、ドア内部の振動コントロールテクニックにより、以前とは見違えるようなサウンドを再生するシステムに変貌し、これにはオーナーさんもビックリしていました。


7909

ヘッドユニットはアルパインのJuba(ジュバ)シリーズ。7909J。これもまた魂のこもった名機ですね。古き良きアルパインとでも言いましょうか。クルマの雰囲気にも合ってて良いですね。


5959

ラゲッジスペースも当時のインストレーションを意識したオールドスクールってとこですかね(笑)シンプルに仕上げたら自然にこのカタチになりました。アンプラックにはラックスマンの4チャンネルモデルCM-4050と、ヘッドユニットと同じくjubaのCDチェンジャー 5959。後部に別体の20bitDACを積み、7909Jとは違う密度の濃い音色を奏でるモデルでした。って過去形に。。。もちろん現役バリバリです。