2014年03月22日

クライスラー イプシロン

●カロッツェリアAVIC-ZH0007
●カロッツェリアND-B6
●カロッツェリアND-ETC6

現行イプシロンの入庫です。
今回はお仕事用のお車ということでナビのみのご依頼です。

ディーラーさんでも1DINタイプのサイバーナビの取付はキット対応できるようだったのですが、モニター立ち上げ時にメーターが隠れてしまうのが納得がいかなかったようで当店で2DINの埋込を行うことになりました。
こちらが完成写真です。
DSC02503 550.JPG

DSC02504 550.JPG

この前面のパネル、ほぼ純正にしか見えませんが当店で成型加工し純正パネルと同じピアノブラックで仕上げています。
DSC02500 550.JPG

もともと内部スペースが1DINのため内部の加工も行っているのですが、邪魔な部分の切削だけでは角度的にナビの上部が出っ張り気味になってしまうため、パネルと角度を合わせるべくエアコン部分の形状まで変更してスペースを確保しています。

このお車のようにキット設定がなかったり、希望するような加工事例がなくてやりたいこと諦めていませんか?当店ならお客様の頭の中にあるイメージを形にできるかもしれません。諦める前にぜひ一度ご相談ください。

2012年04月06日

当店オススメのバイアンプ・システムが好評です

当店オススメのAVナビ+バイアンプ・システムが好評です。

このシステムは、バイアンプ接続に対応したクロスオーバーネットワークを付属するスピーカーを使用し、AVナビの内蔵4chアンプでフロント2ウェイスピーカーを、マルチアンプ駆動する方法です。マルチアンプ駆動とは、1ch分のパワーアンプで1つのスピーカーユニットを駆動する方法。フロント2ウェイスピーカーならスピーカーユニットはトゥイーター2個、ウーファー2個の計4個ですが、これを4chアンプで鳴らすわけです。このような接続を行うことで、アルパイン「ビッグX」やカロッツェリア「サイバーナビ」などのタイムアライメント機能付きAVナビなら、個々のスピーカーユニットごとに、スピーカーから音を発するタイミングを調整できます。この調整を綿密に行うことによって、運転席において最適な音場再生が可能になります。

■フリードスパイク
お客さまが以前お乗りのクルマは純正システムがマッキントッシュ仕様。その音にそこそこ満足していたため、仕上がり前は本当に音が良くなるのか、半信半疑だったようです。

当店での施工は、アルパインのAVナビ「ビッグX」と、ボストンアコースティクスのスピーカーの装着。アルパイン「ビッグX」は専用キット「パーフェクトフィット」を使い、無加工で装着可能。トゥイーターはAピラーへ簡易加工で装着しています。ドアのウーファーは、プレミアム・インナーバッフルを使用して装着。同時にドアのスタンダード・チューニングも施しています。

フリードsp.jpg
当店オリジナルのプレミアム・インナーバッフルにてボストン・アコースティクスPRO60jpを取付け

dr.jpg
ドアのスタンダード・チューニングを施工

想像以上の仕上がりに、大変満足いただきました。

【装着システム】
●AVナビ:アルパインVIE-X088V
●フロントスピーカー:ボストンアコースティクスPRO60jp

【参考取付セッティング費用】
222,000円(商品、パーツ代別)

■VWパサート
こちらのお客さまは、すでにサイバーナビを装着済み。当店ではスピーカーのセットアップのみ行いました。フリード・スパイク同様、プレミアム・インナーバッフルを使ってボストン・アコースティクスのウーファーを取付け、ドアはスタンダード・チューニングを施工。トゥイーターは、ドアミラー裏の純正位置にセットアップしました。

DSC01255.JPG
こちらのスピーカーはボストン・アコースティクスSR60jp

こちらも、想像以上の仕上がりに、大満足いただいております。

【装着システム】
●フロントスピーカー:ボストンアコースティクスSR60jp

【参考取付セッティング費用】
158,000円(商品、パーツ代別)

これらのようにタイムアライメント機能付きAVナビをお使いなら、当店おすすめのバイアンプ・セッティングで、より快適な音場再生が可能です。もちろん、スピーカーのみのご依頼も大歓迎です。

2009年01月10日

09' バッフル

Porsche996_a

09年もコレにつきます。バッフルにはじまり、バッフルに終る? とでも言いましょうか。当店の英知が詰まったこのアイテム。見た目の派手さもなければ、大した代わり映えもしていないように思われるでしょうけれど、年々、細かな仕様が変っています。日々、カット&トライを繰り返す事で、少しでも良いサウンドをお客様に提供出来ればと、精進している次第です。

当店のインストレーションにおいては、このインナーバッフルは、基本構造をそのままに、各車種、各システムに対応させています。トレードインスピーカーなどを除いて、ほぼ全てのスピーカーユニットをこのバッフルを介してセットしておりますので、リーズナブルなベーシックシステムにおいても、当店が作り上げる理想のサウンドをお楽しみ頂けるようになっております。


Porsche996_b

手の込んだ部類に入るこのインナーバッフルは、ポルシェ996のフロントドア用です。材質の異なる木材を最適な質量で組み合わせる事で、バッフル効果がより良く働くようにセッティングされています。

2007年07月24日

ナビゲーション

各メーカーのニューモデルが出そろいましたね。最近、当店でもナビゲーションの取り付け作業が多くなってきました。今回のニューモデルは第3世代ともいわれ、ネットワーク経由で情報を共有できるところに注目が集まっています。HDD機以前のモデルをお使いの方はもちろん、先進機能を求めるユーザーの皆さまは、買い替えても良いのでは? と思えるほどの製品です。

さて、ナビゲーションの取り付けというものは、独自性を出すのが非常に難しいモノです。設置場所さえ決めてしまえば、後は配線するだけで機能する訳で、嫌な言い方ですが、ちょっとした勇気があれば、誰でも出来てしまうのです。ただし、仕上がりと安全性は別問題ですが。

配線、固定の安全性というのはやって当たり前な事ですので、改めて説明は致しませんけど、そこに付随するちょっとしたアイデアというものがありまして、それらが当店のナビゲーション取りつけの独自性と言えるのではないかと思い、ここにちょっとご紹介致します。

gn0721.jpg gn0722.jpg

ナビゲーション画面を表示するモニター周辺の処理。AVNタイプの場合、トップパネルが可動式のモニターとなる為、デフォルトの固定穴を使うと、大きく張り出してしまいます。車両側取り付けステーの穴位置を新設する事で、動作上問題無い範囲でフラットな位置に調整しています。モニター別体式の場合は、モニター固定金具に覆いかぶさるようなカバーを作り、違和感の無いよう仕上げています。このカバーはアルミ板を板金し、緩やかな曲面に仕上げ、レザーで処理しており高級感も抜群です。写真はメルセデスベンツのAクラスです。


gn0723.jpg gn0724.jpg

アンテナの処理について。ダッシュボード上に、色々なモノをレイアウトすると、視界の妨げにもなり、なによりもゴチャゴチャして汚らしく感じる事ってありませんか? 最近のGPSアンテナは小型で高感度なモノが多いので、ダッシュボード内部へ隠すことが可能です。しかし、一部の車種ではダッシュボード上部に鉄板が入っているものもあり、その場合の処理については、あまり視界に入らないルームミラー周辺にレイアウトします。やはりここでも、アルミ板を板金しオリジナルのステーを作り、スッキリとセットしています。ETCのアンテナやVICSユニット、ボイスコントロール用のマイクなども同様に処理しています。


gn0725.jpg gn0726.jpg

ETCやバックアイカメラなどは、見栄えの事を気にされる事なく装着されているクルマが結構多いようです。当店では、純正のスペースを生かしつつ、収められるものは収めて、少しでもスッキリとインストールするように心がけています。

2006年11月07日

スペシャリティカー

tn63.jpg

tn64.jpg

皆さんはカーオーディオ・プロショップと聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか? 一言でプロショップといっても色々あるようですが、当店の考えとしましては、クルマのスペシャリストであり、オーディオの知識があってはじめて、成り立つものだと思っています。とはいったものの、エンジンチューニングや、足回りのセッティングが得意と言っている訳ではなくて、オーディオをインストールする為のノウハウがあるかどうか、というお話です。

新型車やスペシャリティカーを目の前にひるんでいるようでは、プロショップとはいえません。車両データが比較的入手しやすくなった昨今、組み外しに手間を取ることはほとんど無くなりましたが、これらのスペシャリティーカーなどは、データといえるものがあまりないのが実情です。

そんななか確実な仕事をこなすには、やはり経験と、これまで培ってきたノウハウが必要不可欠なわけで、構造を理解する感覚が備わっていなければ、到底良い仕事など出来ないのです。

取り合えずなんとか組み込めましたぁ。。。と、確実に組み込んでおきました。では、言葉以上に大きな差が仕上がりに現れてきます。

当店の場合はどちらでしょう?
スペシャリティカー・オーナーのリピーター数の多さがその答えとなっています。

2006年07月13日

ブレラ!!!

TN1.jpg

アルファ・ロメオのブレラです。
ジウジアーロが手がけたデザインです。素敵です。
早速、カーオーディオ&ナビのセットアップを行いました。

ブレラでシステムアップをご検討されている方、いらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。