2012年08月06日

ポルシェ911(Type991)

【装着アイテム】
●AVナビ……カロッツェリア AVIC-ZH99CS
●バック/フロントカメラ……カロッツェリアND-BFC200
●DSRC車載機……カロッツェリア ND-DSRC2
●パワーアンプ……オーディソン AV quattro
●フロントスピーカー……フォーカル 165W-RC Active

早くも新型ポルシェ911(タイプ991)の作業をご依頼いただきました。

純正装着のクラリオンのカーナビは、カロッツェリアのサイバーナビに変更。お客様のご要望で、ナビ本体は小物入れの増設とアルカンターラへの仕様変更をしての装着になりました。写真ではわかりにくいと思いますが、ナビ本体を若干上にずらし、ナビの下にハーフDINサイズ程度の物入れを追加して、パネルを成形しなおしています。

DSC01460.JPG

合わせてクルマの前後にカメラを追加し、純正ETCをDSRCに変更しました。フロントカメラはナンバーの下へ、バックカメラはナンバー上部へ埋め込み加工です。

camera.jpg

DSRC車載機はグローブボックスの純正ETC取り付け位置に簡単な加工で入れ替えしています。ついでにサイバーナビのデータ通信モジュール用に、USBの入力も埋め込みました。

DSC01470.JPG

オーディソンのパワーアンプはフロントトランク内に設置です。

DSC01472.JPG

スピーカーは、基本的には純正スピーカーの位置を利用します。この991の純正スピーカーは、ユニットに若干の形状変更はあるものの、従来型の997と同一です。ただしミッドレンジの純正装着位置は、トゥイーターを装着するには微妙な場所に変更されています。そのため、お客さまのご要望もあり、トゥイーターはAピラーに成形加工することになりました。

DSC01461.JPG

ドアのウーファーは、当店定番のプレミアムインナーバッフルでの装着。もちろんドアチューニングもしています。新型の991はドアのインナーパネルが樹脂製に変わってしまい、オーディオ的には従来型の997よりも条件が悪いため、ドアチューニングは必須といえるでしょう。

DSC01456.JPG

door.jpg


最後にアンプに内臓のクロスオーバーとナビのタイムアライメント機能を使って、システム調整して完成です。

久しぶりのフォーカルでしたが、この165W-RCもとても魅力的なスピーカーです、個人的には従来のUtopiaBeよりも好みです。またオーディソンとの相性良かったようで、アクティブのシステムでもフォーカルらしいとても魅力的な音を奏でてくれました。

【参考取付セッティング費用】
¥523,000-(商品、パーツ代別)