2010年02月19日

フィット

当店に初めてご来店いただいたのが07年4月。当初はカロッツェリアサイバーナビをメインユニットに据え、イートンのパワーアンプ・PA-4506、フォーカルのスピーカー&サブウーファー・165KPS&SB21V2を組み合わせたシステムでしたが、半年後に再来店。メインユニットをカロッツェリアXにグレードアップしました。

そのシステムで2年ほど楽しんでいただいた後、今回はスピーカーをグレードアップ。もうグレードアップを必要としないハイエンド機を、とのことで、ディナウディオのエソター2と最後まで悩んだ結果、ダイヤトーンを選択しました。

DSC00283.JPG

DSC00262.JPG

そのポテンシャルを引き出すために、ドアのアウターバッフルを一新。ケーブルもスピーカーに合わせてグレードアップしたほか、ドア&室内のプレミアム・ルームチューニングを施しています。また、トゥイーターをインストールしたAピラー、トランク回り、すべて作り直し。トランクは床面を8センチほど底上げして、サブウーファーやパワーアンプ、プロセッサー等をすべてフロア下に収めています。

DSC00277.JPG

DSC00280.JPG

スピーカーの性能の良さはもちろんのこと、プレミアムチューニングの効果もあり「今までに味わったことがない別次元の音響空間」と、お客様からの大満足の声をいただいています。

システム構成:メインユニット=カロッツェリアRS-D7XⅢ/デジタルプロセッサー・プリアンプ=RS-P90X/パワーアンプ=イートンPA-4506/フロントスピーカー=ダイヤトーンDS-SA1/サブウーファー=カロッツェリアTS-W1RSⅡ

2010年02月08日

スイフト・スポーツ

このスイフト・スポーツのオーナーは、当店を始めてご利用するお客さま。AVナビ+スピーカーのシンプルな構成ですが「音質を最優先したい!」とのご要望でしたので、AVナビは音の良さに定評のあるアルパインのVIE-X08を選択。BAラボのヘッドユニット用キャパシタ、BE-202をVIE-X08の電源配線に割り込ませ、電源強化を行っています。

DSC00121.jpg

スピーカーはアルパインの17センチ・セパレート2ウェイシステム、DLX-F17S。ウーファー部は、プレミアムバッフルを作製してドアにインストールし、トゥイーターはオプションのピラー加工を施し、Aピラーに装着しました。

DSC00117.jpg

DSC00120.jpg

ドアチューニングとルームチューニングまで施した結果、とても気に入ってくださったようで、1ヶ月後にはさらなる音質向上を目指して、外部パワーアンプのアルパインPDX2.150とパワードサブウーファーのアルパインSWE-1500を追加しています。

DSC00125.jpg

純正のドア内張りは加工していませんので、スピーカーのインストール後も、見た目はノーマルと変わりません。