2007年04月24日

ホンダ Fit

免許取得後、初めて購入したクルマで来店して頂いたオーナーさん。
購入以前よりカーオーディオに興味をお持ちになっていたようで、雑誌やインターネットなどを見て、事前調査も済ませていたそうです。フロント2ウェイ+サブウーファーのシステム構成や、ドアアウターバッフル、トゥイーターのAピラーへの取り付けなどは全てオーナーの希望となりました。
仕上がり、音ともに大変感激されて満足してくださっていました。

0704_1.jpg

0704_3.jpg

フロントステージはフォーカルの165KPSをセレクト。ラゲッジにセットしたサブウーファーSB21V2との繋がりもスムース。オーナーのご要望もあってAピラーへインストールしたトゥイーターなのですが、奥行きのある形状のため立体裁縫で対処しています。アウターバッフルもドアポケットに被さるようにし、バッフル面を大きく、そしてしっかりとした固定を行っています。

2007年04月20日

ボルボ 760

大型ステーションワゴン、ボルボ760にフロント2ウェイ+サブウーファーというシンプルなシステムを構築しました。ワゴンだからこそ、ラゲッジは広く大きく使いたいですよね。小規模ながらデジタルプロセッサーを駆使したチューニングもポイントです。


tn760.jpg

角張ったデザインに、丸いアイテムを装着するのは非常に気を使うポイントです。当店では、トゥイターをAピラーへレイアウトすることが多いのですが、いつもデザインには苦労しています。トゥイターの外周に合わせ、緩やかにラウンドさせ、少しでも違和感が無いようにセットしてみました。


tn762.jpg

ドア内部は、フラットな面が無く、インナーバッフルも複雑な形状になってしまいました。面で取り付けることも重要ですが、今回はポイントでの固定と、バッフル効果を狙った作り込みを行いました。


tn763.jpg

ヘッドユニットはカロッツェリアのDEH-P910をセレクト。内蔵のデジタルクロスオーバーを使用して、フロント2ウェイシステムを緻密にチューニングしています。


tn761.jpg

ラゲッジサイド、フロア下のデッドスペースにラックを新設して、クラリオンの4chパワーアンプAPA4321をインストール。ザプコの創設者でエンジニアでもある。ロバート・ゼフが製作に携わったと言われ、低価格ながら実力のあるモデルです。トゥイーターとミッドレンジをマルチでドライブしています。また、サブウーファーは、アルパインのパワードタイプSWW-5000を取り外しが容易に行える状態にしてセットしてあります。